パートナーの不倫が怪しいならプロの探偵事務所へ無料相談

同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。

しかも、事実が判明したところで、あくまでも個人的な事象ということで、セクハラのようにクビにするというのは無理でしょう。

そうはいっても、会社の就業規則に記載されている、公序良俗、および社内秩序、風紀等を乱す行為といった線から考えれば、懲戒対象とも思われます。

現実的には口頭注意ぐらいで、具体的な処分はないまま終わることが多いようです。

なんとなく不倫の気配を感じたら、証拠を探したほうがいいでしょう。

浮気の証拠としてもっとも有効性が高いのは、写真や動画など、第三者が見て浮気だと判断がつくものです。

シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、慰謝料請求や裁判に使える証拠を入手することは不用意なトラブルに発展しかねませんので、その道のプロである探偵を利用することも検討すべきです。

以前も夫は浮気していたのですが、再びそんな素振りがあったので、友人宅のPCを借りて探偵社を探してみたのですが、思っていたより多くの会社があるようで驚きました。

3社ほど問合せして、もっとも相談員さんの対応が良かった興信所に調査してもらいました。

覚悟していたとはいえ、時間や写真という裏付けがとれてしまうと、がっくりきました。

探偵の看板を掲げるには取り立てて特殊な資格等は不要です。

ただし、2007年に施行された探偵業法にのっとって、最低でも業務を始める前の日までに、事業地の所管の警察署経由で公安委員会に届け出と誓約書を提出し、探偵業届出証明書の交付という認可を受けることが不可欠です。

これがないか見せるのを渋るようなら怪しい業者ということです。

探偵に浮気調査を依頼する際、調査料金は探偵社次第で結構な違いがあるようです。

最初に連絡をとった会社に依頼する人が多いですが、多少面倒でも複数の探偵社で調査費用の見積りを出してもらうことが、後悔のない会社選びに繋がると思います。

あと、ちょっとしたコツなのですが、調査する相手の情報をなるべく詳細に説明しておくと、調査の無駄を省くことができ、調査費用として払うお金も少なくて済みます。

不倫や素行調査を依頼すると費用がかかります。

気になるその精算方法についてですが、全国展開しているような大手だとローンを利用した分割払いやクレジットカードに対応しているところもあります。

一刻でも早く不倫の裏付けをとってほしいのに、費用面が心配というときは、分割OKの事業者に依頼するのも手だと思います。

どんなものにも支払いはつきものですが、探偵に不倫調査を依頼する人にとってその料金は、もっとも気にかかる問題でしょう。

無料で相談を行うところも最近は多くなってきて、適正な説明と見積りなしには契約に至らないので、大丈夫です。

もし、悪質な業者にあたる危険性を危惧しているならば、相手の会社ではなく、喫茶店やファミレス等で懇談するのも良いと思います。

不当な契約の強要の防止にもなるので安心です。

結婚相手の不倫行為によってダメージを受けた人のメンタルケアを行う相談員がいるのをご存知でしょうか。

専門家に話を聞いてもらいながら、心の傷を癒し、前進していけるのです。

不倫という許しがたい理由で離婚しても異性に距離を置くようになったり、将来に対して消極的に考えてしまうような人も少なくないです。

それに、夫婦でもう一度やり直したいと考えている場合も、カウンセラーと話すことで情緒面を落ち着けることができます。

人妻って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、その浮気相手に対し訴訟を起こしたいと言っているのです。

でもそうなったら裁判費用などがかかるのではないでしょうか。

ちゃんと浮気の証拠を押さえて相手には慰謝料を要求し、奥さんと会うのも連絡とるのもしないと確約させるのはどうかと提案してみました。

会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査には、浮気の裏付けがとれたら支払うという出来高制の契約もあります。

こう聞くと、不倫の裏付けがとれなければタダで済んで得だと思う人もいるかもしれません。

しかし、浮気をしている雰囲気がなさそうだったり、普通より調査に時間がかかりそうな場合はお断りというパターンもあるようです。

また逆に成功したときに、意外な高額請求になる場合があるようですから、あらかじめよく確認しておきましょう。

過去には安い探偵というのは使い物にならないと言われていた時期もあります。

手抜きをしたってお客にはわからないからです。

近頃はネットユーザーが格段に増えましたから、きちんと仕事をしてくれる探偵業者なのかどうかはクチコミ評価などを見て判断することができます。

安すぎる業者を選んで失敗する例もある一方、ただ高いだけのところに依頼したってしょうがないので、費用と実績がうまく合致したところであれば、あとで後悔することもないでしょう。

持ち歩いていて何かと便利なスマホ。

しかしそれが元で浮気がバレたというパターンが多くみられます。

スマホは何でもできてしまいますが浮気もしかりで、ラインなどのSNSやメールに不倫の履歴が隠れていると考えるのが妥当でしょう。

いつも手元においていたり、ロックして見せてくれない時は、十中八九、浮気の証拠がそこにあるといっても良いのではないでしょうか。

不倫の調査は調査する相手と親しいほど尾行発覚のリスクが高いだけでなく、感情の昂ぶりから相手やその関係者とのトラブルに発展する危険性もはらんでいます。

同じことでも探偵に依頼すれば、最新の機材や相手に気付かれずに追尾する技術がありますから、顔見知りの素人がやるより安全かつ確実に目的を完遂することができるというものです。

調査がバレてしまっては元も子もないのですから。

興信所や探偵を利用する事由の大半は、身辺調査だと思います。

基本は浮気ですね。

不審な行動があるので、不倫をしているか調べてくれという場合や、裁判で有利になる証拠が欲しいという依頼まで、ニーズに応じた調査を行います。

特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、証拠の精確さが大事ですから、仕事慣れした探偵に頼むのが最良の選択だと思います。

探偵御用達のツールとしては、以前は発信機でしたが、近年は精度の高くなったGPSに取って代わり、昔の発信機と違って対象車両の追跡に効果を発揮しています。

いまどきのGPSの精度はとても高く、電波の届きにくいガレージや立体駐車場、地下等でない限り、車両を発見することは簡単になりました。

これさえガッチリとつけることができれば、追尾の成功率はグンと上がるのです。

引用:不倫調査なら!安いおすすめの探偵事務所で【無料相談OK】