NISAのメリットとデメリットは?口座開設の方法

NISAによる資産形成の話は、資産運用界隈では良く耳にする話題ですし、コンビニに置いている雑誌など身近なところでも目に触れる機会があると思います。

しかしながら、実際に運用を始めるかというのは難しい問題ですよね。

口座に預けても預金金利が低いのでこれからは投資の時代だといわれても、減ってしまうリスクは怖いですしね。

私たち一般人が生活の上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく、何のためにやるのかという目的をきちんと見定めるということです。

子供が大人になった時にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

将来、生き残っていそうな企業を見つけるなど、投資について考えてみましょう。

NISAには非課税という最大のメリットがありますが当然ながらデメリットも存在します。

それは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で期限を迎えた場合、証券会社であれば特定口座か一般口座に引継ぎとなりますが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、引き継いだ額分、新たに買ったということになります。

50万で購入した金融商品が引き継ぎ時に25万円になっていた場合、口座へ引き継ぐ際には25万円で買ったことになり、その後株価が上がり30万円まで回復して、その段階で売却しようとすると5万円が利益という扱いになり、5万円から税金が引かれるということになるんです。

そのため、含み損がでている場合、一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

こういう手間など総合的なコストを考えると実際的なデメリットと言えそうです。

NISAに興味がある方はまずは、はじめ方から勉強することをおすすめします。

ただはじめるだけなら近所にあるゆうちょや銀行の支店などでもはじめられます。

とはいえゆうちょや銀行の場合、本当にただはじめてみるだけ、という人にしかオススメできませんので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券での口座開設を強くおすすめします。

銀行やゆうちょなどといった金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターン型の投資信託です。

悪くはないのですがそれしかないというのがちょっと気になるところ。

独占の金融商品に興味があるとかでなければ、取扱い金融商品が豊富なネット証券がオススメです。

NISAを利用する最大の理由は非課税だからですよね。

NISAの利点を十分に活用するために、NISAのルールを事前にちゃんと確認しておきましょう。

毎年与えられる120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉に惑わされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったとして、後に売却しても30万円分の枠は返ってこないということになります。

もしかしたら誤解しているがいるかもしれませんので、解説すると、120万円までという枠ですから、合計120万円を超える商品は購入することはできません。

枠自体を持越しすることは出来ないので、年内に使いきれなかったとしても翌年その分増えるということもありません。

NISAを銀行でやろうと思っている方って実際にはどれぐらいいらっしゃるのでしょうか。

取引先の銀行とのお付き合いで始めるとかでないのであれば、手数料が安いネット証券がおすすめです。

ゆうちょや銀行などの場合、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、面と向かってやり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、結局のところ、支払うコストが低くなることに繋がりますから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

できるだけリスクを低くすることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

非課税という響きが魅力的なNISAのおすすめはどれでしょう?あなたが投資をするという経験が今までなかったなら、まず最初に必要な知識はNISAがどうこうではなく、リスクリターンがついて回るという投資の特徴についてです。

これは預金と比較してどうかということではなく、何がどうなるとそれがリスクとして現れるかを知ることです。

例えば株式であればその会社の業績が大きく影響してきます。

投資信託などは銀行などの身近な金融機関でも販売されているためなじみがあると思いますが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

その上でもう一度投資に対する考え方を整理しなおしてみるといいでしょう。

NISAで取引が可能な金融商品と言えば、ざっくりと3つに分けて、株、投資信託、ワラント債があります。

株といっても、ハイリスクな信用取引は含まれませんし、比較的低リスクな債券も対象外です。

比較的人気の高い外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際でも安定している金やプラチナなど先物やオプションも対象外です。

もちろん、FXなどのハイリスク型と呼ばれる商品も含まれません。

NISAという商品が生まれた理由ですが日本では預金する傾向がとても高いため、その分を株式投資にまわすことができれば経済全体が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後継として生まれたことからも長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAとジュニアNISAのメリットとデメリットの異なる点について気になってきますが、通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親御さんなどが代理で運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAはNISA口座を開設できない未成年のための救済措置という面と、子供や孫の備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAには18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳になりましたら、自動的にNISA口座に変更されます。

ジュニアNISAのメリットとデメリットの制度が終わっても、20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

参考:NISAのメリット・デメリットは?【口座開設の前に確認!】

NISAで1万円から投資してみたい人は多いようです。

バランスを崩さないように無理せず投資も。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、本当のところ少額の投資では少額の取引自体のリスクがあったりします。

投資と言えば株というぐらいの定番なのでそれで考えてみますと、株を実際に売買しようとすると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、一社をこれだと思って選んだとしてもそれが正しいかどうかはなってみないと分からないですから、お金がある人にとってもリスクが高くてやっぱりやめようと判断することになります。

投資信託であれば金融で仕組み化している分の手数料がありますがバランス投資が低予算でも実現できます。

NISAと積立NISAの違いを簡単に説明すると、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資可能な商品が限定されています。

積立NISAは投資信託のみになりますが、その中でも手数料が低く分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料が0円であること、公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

その代わり上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

ちなみに、通常のNISAと併用することはできません。

NISAは解約可能なのかどうかと言う点について気になる方もいるかと思いますが、手続き自体は可能ですからまずはご安心ください。

ただし条件があり、残高があると解約することはできません。

証券会社などによって手順は変わってくると思いますが、廃止手続きをするための案内に則って進めることになります。

もう少し具体的にお話すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類が必要になります。

必要書類につきましては手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約しようと思えばできるというのは、原則60歳まで解約不可なiDeCoと大きく異なります。

解約のハードルが低いので、その分始めやすいということにもなりますよね。

NISAの口座開設を検討しているなら、まずはじめに考えるなくてはいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしかもてないので、対応している金融機関の中でどこが一番自分にとってよいのかを厳選する必要があります。

一番有力な候補となり得るのが証券会社です。

特にネット証券はメリットが多く手数料が安いのでおすすめです。

単純に安さだけで決めてしまうのではなく、キャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買に必要な手数料が無料になるというものもありますし、キャッシュバックなどがある場合もあります。

投資金額が大きくないのであればキャンペーンを重視するというのも一つの手です。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている制度があります。

NISAには最長5年という条件があるのですが、この5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を利用して、移すことをロールオーバーといいます。

NISAは毎年120万円と枠が決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でも、ロールオーバーが可能です。

ジュニアNISAにつきましても、ロールオーバーの扱いについては基本的には変わりはありません。

とはいえNISA自体が2023年までなので、これから運用を始めるという人には、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと、投資額が少なくて済むからです。

現物株の場合は銘柄にもよりますが、1単元あたり数万円から数十万円はかかりますので、投資できる数は限られてきます。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

それとは反対に、投資信託の場合は複合的な金融商品のため、資金が限られているNISAであっても分散投資が実現できます。

投資に回す予算をあまり取れないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらうという性質上手数料や信託報酬といったコストが掛かってくるのでその点は理解が必要です。

NISAとはということについてシンプルに考えてみると、投信や現物株で稼いだお金を非課税にしましょうという仕組みです。

日本で始まったのは2014年で、年あたり120万円が非課税枠として用意されています。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、株式や投資信託の配当金や分配金や譲渡益といったものがそれに該当します。

毎年の枠ですが最長で5年間の計600万円までで、今現在一般口座や特定口座のものをNISAで引き継ぐということはできません。